「will」と「be going to」の違い、疑問文の作り方など未来形まとめ

英文法

文法の参考書で
未来形はwillとbe going toって習ったけど
いざ作文しようとすると違いがわからない..

willとbe going toの違いは?
このギモンにお答えしていきます。

未来形とは

これから○○します、
○○の予定です、
といった
まだ起こっていない未来の話をするときの
動詞の時制を未来形
といいます。

未来形にはwillとbe going toの
2種類があります。

この2種類の違いを次の章で述べます。

willとbe going toの最大の違い

willとbe going toの最大の違い
今決めたことか、既に決まっていることか

です。

今決めた未来の予定→will
既に決まっている未来の予定→be going to

を使って表現します。

例えば
I will go shopping.
この洋服を試します。
(昔から決まっていたわけではなく
今決めた未来の行動)

Ⅰam going to go shopping on Sunday.
日曜日に買い物に行きます。
(すでに決めていた予定)

このような違いです。
なので日本語訳には違いが現れませんが
伝えているニュアンスとして

その場で決めた予定なのか
既に決まっていた予定なのかがわかります。

willの使い方

willは助動詞といって
動詞の意味を補足します。

will+動詞の原形=○○しようと思う
です。

否定文の場合は
I won’t ○○.
疑問文の場合は
Will you○○?です。

例:
I will go to Canada.
カナダにいこうと思う。

I won’t go to Canada.
カナダにはいかない。

Will you go to Canada?
カナダにいきますか?

be going toの使い方

be going toはすでに決まっている予定
伝えるときに使います。

be動詞のかたちは
主語にあわせて変化します。
(例:I am going to/She is going to)

否定文の場合はbe動詞を否定します。
I am not going to~.
You are not going to~.
She is not going to~。
このようになります。

疑問文の場合はbe動詞を文頭にだします。
Are you going to~?
Is she going to ~?
このようなかたちです。

例:
I am going to go to Canada.
カナダにいく予定です。
I am not going to go to Canada.
カナダにはいかない予定です。
Are you going to go to Canada?
カナダに行く予定ですか?

意志を表すwill

willは今決めた予定を表すのですが
元々の意味は「意志」です。

私は○○します!という意志を表しますので
I will do my best.
全力を尽くします。のように

がんばるぞっという意気込みを
添える意味
を持っています。

今決めた、ということは
これからやるぞっという意志があるのだと
捉えます。

注意してほしいのはwon’t(will not)です。
これは「絶対したくない」という
強い否定の感情
を表すので
あまり使わないようにしましょう。

例えば
I won’t go there.というと
「そこには絶対いきたくない」の意味になります。

going toの省略gonnaの使い方

gonnaはgoing toの略語です。

ですので
I am going to~.を
海外ドラマなどではよく
I’m gonna(アイガナ)と発音します。

詳しくはこちらの記事を参照してください↓↓

コメント