【リスニング上達法】英語を聞き取れない3つの原因と英語耳を作る3つのコツ

英語勉強法

英語が話せるようになりたくて
リスニングアプリを開いたけど
速すぎて聞き取れない…

英語字幕で洋画鑑賞を始めたけど
全然何言ってるかわからずつまんない。

少しでも英語を聞き取って
もっと英会話動画を楽しみたい!

リスニングを上達させるために
何をばいいのか
をお伝えしていきます。

英語が聞き取れない3つの原因

英語独特の発音

・英語と日本語の発音の違い

英語と日本語の発音の大きな違いは
「英語は各単語同士がくっつく」
こと。

例えば
Did you→ディジュ―
Kind of→カインダブ のように

前後の単語がくっついて
単体の発音と異なる音になります

すると、単語単体の発音は知っていても
文章になると聞きとれなくなります。

・なぜ英語は発音が変わるの?

子音で終わる単語があるからです。
末尾の子音+語頭の母音がくっついて
新しい音が誕生してしまうのです。

例:
got it→go/ti/t
eat it→ea/ti/t

一方日本語はすべての音が
母音で終わるので
うしろに音が連結しません。

例:
それをもらう=sorewo morau
それを食べました=sorewo tabe mashita

・どうすれば英語発音を克服できるか?

ズバリ、
音声をお手本に英文を自分で発音する
ことが一番です。

スペルに頼るのではなく
耳で聞いた情報だけを頼りに
口を動かしてマネしましょう。

自分でつなげて発音できるようになると
相手のつながった英語も
聞き取れるようになってきます。

英語の語順

・日本語と英語の語順の違い

日本語と英語の語順は
もはや正反対といっていいほど違います。

「英語は結論ファースト
日本語は前置きファースト」
です。

英語:主語+動詞+目的語+サブ情報.
日本語:サブ情報+主語なし+目的語+動詞。
※サブ情報=(場所、時間、理由、どんな場面で等)

・英語の語順に慣れないとどうなる?

例えば以下の文章を
日本語のナチュラルスピードで話されて
瞬時に意味を理解できますか?

「あなた盗んだでしょ
私のスマホ今朝家の中で!」

2秒ぐらい思考時間がないと
あれ、今なんて言われたのかな?と
整理できない
と思います。

文字で読めば意味がわかりますが
音だけでいわれると

各単語の意味はわかるけど
単語がバラバラに独立していて
文章として意味がわからない
状況に陥ります。

・どうすれば英語の語順を克服できるか?

まずは主語+動詞のかたまりの
が頭に浮かぶようにしましょう。

また、
各単語を聞いたときに
日本語訳の文字ではなく
絵を想像する習慣
つけましょう。

主語と動詞の意味をそれぞれ
絵で想像して、
どんな動作をしているところなのか
情景を思い浮かべます。

すると、「何がどうしました」という
結論部分が理解できるので
グッと文章全体の意味が
つかみやすくなります。

例:
「私は食べました」
「ジェフが言いました」
それぞれ情景が頭の中に浮かびましたか..?

そもそも単語・文法を知らない

英語が聞き取れない時に
元の英文をみても意味が分からない場合は
単語・文法の知識不足
です。

英文が難しすぎて
リスニング力以前に読解力や
基礎知識がない状態なので

単語や文法のインプット勉強から
はじめてみてください。

参考:英語のインプット勉強法はこちら

リスニング上達の3つのコツ

英語音声を聞き取るための
3つのコツをご紹介します。

音声と一緒に音読する

音声をお手本にして
英語の発音を練習します。

◎スペルよりも音声をお手本に
英語はスペル通りに発音されず
文章になるとさらに音が
くっついて変化します。

Did youがディジューと発音されているなら
ディジューと発音しましょう。

◎各単語の前半だけ発音する
日本人は各単語の頭~おしりを
きっちり発音しずぎます。

力をいれすぎず省エネでの発音
心がけましょう。
各単語の前半だけを声にだすといいですよ。

日本語訳ではなく絵で理解する

英語の日本語訳を
文字で想像してしまうと時間がかかり
訳を思い出しているうちに
音声はどんどん先に進んでいきます。

単語の意味を絵で思い浮かべれば
パッとビジュアルで意味を想像できるので
1秒でどんなことをいいたいのか
概要をつかむことができます。

参考:絵で単語を覚える方法

7割理解できる教材を選ぶ

洋画鑑賞等ではなく
リスニング学習をしたい方は
教材のレベル選びを慎重に行いましょう。

目安は、読んで7割以上
意味がわかる教材
です。

参考:リスニングおすすめアプリ一覧
   リスニングおすすめ教材一覧

リスニング上達7ステップ

①英語音声を文字なしで聞く×3回

②英語音声を文字ありで聞く×2回

③文字をみて単語や文法を理解する

④英語音声を文字ありで聞く×1回

⑤英語音声を文字なしで聞く×2回

⑥英語音声を文字を見ながら
同時に発音する×2回
(=シャドウイング)

➆英語音声を文字を見ずに
同時に発音する×3回
(=シャドウイング)

まずは文字を見ずに音声を聞いて、
次に文字を見てより理解を深めます。

その後文字をみなくても
音声の意味がわかるようになったら

音声と一緒に口に出すことで
音声の英文の意味を
頭の中でイメージできるくらいに
吸収していくとさらに良いです。

コメント

  1. […] もしリスニングの具体的な勉強法に悩んでいる方がいたらこちらから↓↓リスニング上達法、何から勉強すればいいの? […]