「残念だけど」は英語で?英会話で使える4つの表現

英単語

「残念だけど」「残念だった」
「残念ながら」など

申し訳ないことを相手に伝えたり
それは残念だね、と相槌をうつときに使える
4つの表現
をご紹介します。

「残念」を表す英単語

shame:気の毒な

shame=恥、気の毒なこと
の名詞です。

It’s a shame~.
残念ながら~。

例:
It’s a shame to chancel our trip.
旅を中止にするのは残念だ。

What a shame.
なんて残念なの。

unfortunate:不運な

unfortunate=不運な、の形容詞です。
fortune=運、の意味です。

Unfortunately~.
不運なことに~。

例:Unfortunately the shop closed.
残念だけどお店閉まってたよ。

That’s unfortunate.
それは残念!

例:
I couldn’t win the live ticket.
ライブのチケットあたらなかった..
That’s unfortunate.
それは残念。

disappointing:がっかりな

disappoint=がっかりさせる、の動詞です。

That’s disappointing.
それはがっかりだね。

例:
I couldn’t get high score.
高得点とれなかった。
That’s disappointing.
それはがっかりだね。

I’m disappointed.
がっかりです。

例:I’m disappointed with your service.
このサービスにはがっかりです。

例:
What a shame!It is sold out.
あらまあ売り切れちゃった!

「残念」を表す英語フレーズ

That’s too bad.:それは残念。

bad=悪い、の形容詞です。

That’s too bad.
残念だね。

相手へのリアクションで使えます。

例:
I left my phone.
電話置いてきちゃった。
That’s too bad.
残念だね。

「残念」の英語表現まとめ

shame:気の毒な
That’s too bad.:それは残念。
unfortunate:不運な
disappoint:がっかりさせる

残念な気持ちを表す
4つの表現をご紹介しました。

どれかを使ってみて下さいね。

コメント