learnとstudyの違いは?知ってるけどよくわからない2つの単語の使い方を解説します

英単語

英語を勉強する、はI study Englishだし
英語を学ぶ、はI learn Englishだし何が違うの..?
今だに違いがわからない人に向けて
studyのlearnの違いをお伝えします。

2つとも意味は「学ぶ」ですが
ニュアンスが違うんです。

learnとstudyの違い

learnとstudyの違いは
「身に
つける前か後か」です。

learn:身につく
study:身につける、
です。

learnは学びが身についている状態のこと
studyは学んでいる最中のことをいいます。

ですので
〇I want to learn English.
 英語をみにつけたいです。
✖I learn English.
 英語を勉強しています。

〇I study English.
 英語を勉強しています。
✖I studied English well.
 私は英語は完璧です。

learnの使い方

身につけたい、という願望や
身につけました、という達成
を表します。

例:
I learned cooking at ABC studio.
ABCスタジオで料理を習得しました。

I learn about yoga.
ヨガについて習得しています。

I must learn English.
英語ができるようにならないと。

studyの使い方

勉強中のときに使います。
まだ結果はでていないけれど
上達段階の時に使えます。

例:
I studied cooking at ABC studio.
ABCスタジオで料理を勉強しました。
(できるようになったかは不明)

I want to study abroad.
留学したいです。

I don’t like study.
勉強は嫌いです。

「学ぶ」を表す他の英語

practice

実践する

何かを実際にやることです。

よく練習する、の訳で覚えますが
もとの意味は「実践する」で
教育実習や実験をすることにも
practiceが使われます。

例:
I practice tennis every weekend.
毎週末テニスを学んでいます。

I have finished teaching practice.
教育実習が終わりました。

experience

経験する

〇〇を学びました、を
〇〇の経験をしました、の意味で使う場合は
experienceを使います。

よくスピーチで
「たくさんの学びがありました」
というときにexperienceを使います。

experienceは
動詞にも名詞にもなります。

例:
I experienced a lot in this 6 days.
この6日間でたくさんの学びがありました。

I had very good experiences.
すごくいい経験でした。


「学ぶ」の英語まとめ

勉強中のときはstudy
勉強し終わって習得したことはlearn、
実際にやってみることはpractice
実際に経験した学びはexperienceで
表現してみましょう。


【参考】英単語の覚え方はこちらの記事へ↓↓

コメント