hurt、painなど「痛い」を表す英語の使い分けとアウチの使い方

英単語

お腹が痛い、腰を痛める、など
日常生活で痛い思いをすることありますよね..

痛い、はhurtが思いつくけど
この文脈で使っていいのかな,とか
hurtやpainの違いがわからないお悩みを
解決していきます。

「痛い」を表す英語の使い分け
学習していきましょう!

painの使い方

painの意味は「痛み」で名詞です。
※動詞で使うこともあります。

痛みに関すること全般で使える
便利な単語です。

例:
I feel a pain in my stomach.
お腹が痛い。

I have a pain in my chest.
腰が痛い。

hurtの使い方

hurtの意味は
「痛い、傷つける」の意味で動詞です。

痛む、という
動詞で使えるのが特徴です。

外傷だけでなく
心が痛むときにも使えます。
He hurts me.(彼のせいで傷ついた)
のような使い方です。

例:
My knee hurts.
膝が痛い。
The accident hurts me.
その事件が私を傷つけた。

acheの使い方

acheの意味は「軽くて断続的な痛み」
名詞です。

headache(頭痛)のように
他の単語の語尾につくことが多いです。

例:
I have a headache.
頭痛がします。

soreの使い方

炎症でヒリヒリする痛みを指しますので
限定的な意味で使われます。
名詞または形容詞です。

よく使うフレーズは
sore throat=のどの痛み
です。

I have a sore thorat.=のどが痛いです。

例:
I’m sore beacuse of suntan.
日焼けがひりひりする。

injureの使い方

「傷つける」の意味の動詞です。
傷つけるものが主語のときに使います。

hurtよりひどい傷に使うことが多いです。

例:
Typhoon injured many people.
台風が人々を傷つけた。

アウチの使い方

針にささったり犬にかまれたりして
思わず「痛っ!」というときに
「Ouch.(アウチ)」といいます。

痛いときにリアクションとして
使ってみましょう。

「痛い」の英語まとめ

今回は6つの「痛い」英語を
ご紹介しました。

一番よくつかうのはpain=痛み、で
I have(feel)a pain in~.
~に痛みを感じる。

です。

動詞で「痛い」と表現したい場合は
hurtを使います。

頭痛と腹痛はそれぞれ
headacheとstomachacheという単語が
すでにあるので使ってみましょう。

painとhurtをつかって
痛みを表現してみて下さいね!

参考:「お大事に」は英語で?↓↓

コメント