よく間違えるhave beenの意味と使い方(完了形)

英文法

have beenって
問題集や洋画でみかける単語ではあるのですが

いざ使おうと思うと使い方がわからない..
という方も多いと思うので

今回は「have been」の正しい意味と使い方
完了形の復習
もしていきます!

完了形とは?

have+過去分詞、のかたちを
完了形の時制
といいます。

完了形という時制は
「過去に○○があったから今こうなんです」

を伝える時制です。

例えば
I have lived here for 5 years.
ここに5年間住んでます。 であれば、

「そして今も住んでます」とか
「だから私はこの土地のことなんでも知ってます」

など、

過去のある事実から派生して
何かを伝えたい時に使います。

英文法解説では
継続(過去から今まで継続し続けている)
完了(すでに完了している)
経験(今までにやったことがある)

この3つの意味だと説明されますが、

要するに
「今も継続してます」
「今はもうやってません」
「今その経験が生きています」
のどれかを伝えたい時制だということです。

完了形は別記事にて
とっても詳しく書いていますので
こちらの記事を参考にしてください。

have beenとは?

have beenは
have+be動詞の過去分詞
、という
かたちになっています。

beenはbe動詞の過去分詞形です。
※is/was/am/are/wereすべて
過去分詞形はbeenになります。

つまり、have beenは
be動詞の完了形
です。

have been~.
~し続けている、したところだ、

したことがある。を指します。

たとえば
I am waiting for you.
→I have been waiting for you,
あなたを待ち続けています。

I am busy.
→I have been busy.
私はずっと忙しい。

このように、
be動詞を完了形の時制に変えると
have beenが出現する
んです!

have been+形容詞

(形容詞)の状態が続いている。

I am busy.のように
be動詞+形容詞、だった文
完了形にすると
have beenになります。

例:
I’ve been busy these days.
最近ずっと忙しい。

It has been a long time.
すごい久しぶりだね。
(直訳はすごい長い時間たってるよね。です)

have been+ing

~し続けている

動作が繰り返し行われていることを
強調するのがhave been +ing
です。

これ、なにかというと
現在進行形を完了形のかたちに
変形
させています。

例えば、
I am waiting for you.
→I have been waiting for your for an hour.
もう1時間も待ち続けてるんだけど!

こんな風に、動作が続いていることを
強調できます。

現在進行形はbe動詞+ingなので
このbe動詞完了形にすると
がbeenになるわけです。

have been+受動態

~されている

動作をされ続けている状態や
されたことがある経験を
相手に伝えることができます。

受動態は
be動詞+過去分詞のかたちです。

これを完了形にすると
have been+過去分詞
になります。

例:
I’ve been called ”Mike” in my school.
学校でマイクと呼ばれ続けている。

The festival has been chancelled.
お祭りが中止になった。
(中止がすでに確定したことを示します)

have been to

行ったことがある

have beenのかたちの中で
日常英会話で一番よくみる
のが
このhave been toです。

have been to=行ったことがある
経験を示します。

toは~の方向へ、を示す前置詞ですので
have been to+場所の名前
になります。

例:
Have you been to Korea?
韓国にいったことありますか?

I have been to 20 countries.
20カ国に行ったことがあります。

have beenの発音

have もbeenもあまり
意味をもつ単語ではないため
軽くしか発音されません。

haveとbeenをくっつけて
「ハビーン」
と発音
しましょう。

haveは前の単語とくっついて
‘veで省略されることもあります。
この場合ほぼ発音されません。

例:
I have →I’ve(アイブ)
It has →It’s(イッツ)

まとめ

今回はhave beenの意味と使い方を
解説しました。

have been自体にあまり意味はなく
もともとbe動詞を使っていた文章の
時制を完了形にしただけ
だと
思ってください。

ただhave been toは
よく使うフレーズなので

have been to+場所
=場所にいったことがある

この意味だけ覚えておくことを
おすすめします。

コメント