「お大事に」は英語で?体調が悪い人に声をかける4フレーズをご紹介!

英単語

今日具合の悪い友達がいたけど
「お大事に」って英語でなんていうんだろう。

病院にいった時や
怪我した人への声のかけ方
を知りたい。

そんなお悩みを解決する
家族や友達にも使える
「お大事に」フレーズ
をご紹介します。

お大事に、は英語で?

お大事に、の声かけには
おもに3つの方法があります!

Take care.

気を付けてね。

Take care of yourself.
あなた自身を大切にね。の略で
よく使われます。

別れ際の「お大事に」の
挨拶でも使われます。

Take careの詳しい説明はこちら↓↓

Get well soon.

はやくよくなってね。

get=なる
well=よく
soon=すぐに、です。

よくなる兆しがある人に
使うことが多いです。

Bless you.

神のご加護がありますように。

日本社会ではあまりありませんが
「神様があなたを守ってくれますように」
の意味でよく使うフレーズです。

体調が悪い人や
くしゃみをしたときにも使いますよね。

具合が悪い、は英語で?

具合が悪いときの英語は
こちらの記事にまとめています↓↓

怪我や打撲のような
「痛み」に関する記事はこちら↓↓

体調どう?は英語で?

How’s your○○?

○○はどう?

例:
How’s your injury?
怪我の具合はどう?

How’s your cold?
風邪の具合はどう?

How do you feel?

具合はどう?

feel=感じる、という
英単語を使って表現します。

答えは
I’m getting better.
よくなってきてるよ。

Still bad.
相変わらずよくないよ。

こんな風に返します。

無理しないでね。は英語で?

Take care of yourself.

体を大切にね。

お大事にね、の意味でも
使えるフレーズです。

Don’t kill yourself.

無理しないでね。

kill=殺す、を使った
「自分を殺さないでね」という文です。
過労の人によく使います。

Don’t be too hard on yourself.

自分に厳しくしすぎないでね。

hard=大変、を使ったフレーズです。

自分に厳しい人に
「もうちょっと気楽にしてよ」の
意味で使います。

今回は、体調が悪い人への
声かけ表現をお伝えしました。

コメント