「そうなんだ」「いいね」の英語相槌表現でネイティブと会話を続けよう!

英単語

外国人と会話するとき、
何か言われてYes/Noでしか
答えられないのをやめたいけど

どんな相槌が自然なのかわからない…

「そうなんだ」「いいね」を言って
もっと気軽に楽しく
英会話を楽しめるようになりたい!

叶えるあいづちをご紹介します。

日本人がやってしまいがちなNGあいづち法

日本人が英語圏の人と話すと
Huh?と苛立たせる可能性がある
悪い例
をご紹介します。
私も最初はやっていました…

相槌が多すぎる

日本語で話していると、
相手が話している最中も
同じテンポで「うんうん」「あーね。」と
相槌をいれますよね。

英語圏ではそんなことはしません。
相手が話しているときは
声を発さず黙って聞くのがマナー
です。

相手の話と同時に相槌、ではなく
相手の発言が終わったら
「へえ」「うんうん」「なるほど」などを
入れましょう。

yesばかり言う

相槌はyes/noだけではありません。
しかも
Yes=そうです。の意味なので

Yes yes.=そうそう、そうなの。の
意味になります。
「うんうん」にはならないので
注意しましょう。

質問をしない

相手の話に質問をせず
「へえ」「そうなんだ!」と言っていても
会話が続かず弾まないのです。

ある程度リスニング力を
鍛えられるようになったら
思い切って質問してみましょう!

あいづち初級編

「そうなんだ」同意の相槌6選

I see.
なるほど。納得度30%

That’s true.
たしかに。納得度50%

I got it.
なるほど。納得度60%

Exactly.
その通りだよ。納得度70%

I think so too.
私もそう思う。納得度80%

That makes sense.
理解できた!納得度90%

「いいね」ほめる相槌5選

Sounds good.
よさそうだね。いいね度30-80%

That’s good.
それはいいね。いいね度40%

That’s great.
それはいいね。いいね度70%

That’s amazing.
すごい!いいね度80%

Awesome.
すごい!いいね度80%

あいづち中級編

So do I.
私もそうなの。

これを変形させて様々な同意相槌を
打つことができます。

例:
I want to go overseas.
So do I.
私海外に行きたいの。
私も。

I am Japanese.
So am I.
私日本人なの。
私も。

I worked yesterday.
So did I.
昨日仕事だったんだ。
私も。

こんな風に、
相手の文章によってかたちを変える
高度なあいづちがあります!

あいづち上級編

質問返しをして会話続けるなら
あいづち上級編がおすすめです。

So what?
それで?

丁寧なあいづちではないので
友達にのみ使いましょう。
「で、どうなったの?」と続きを促します。
例:
I had a traffic accident.
車の事故にあったの。
So what?
で、どうなったの?

How about you?
あなたはどうなの?

ふられた話題を相手にも返すあいづちです。
例:
I was very tired in my work.
仕事が大変だったよ。
How about your work?
あなたの仕事はどう?

Which kind of?
どんな種類の?

相手の話を具体的にする質問です。
どういうやつ?と深ぼりできます。
例:
I bought a new bag.
新しいバッグ買ったの~。
Wow, which kind of?
へえ、どんなの?

How was it?
どうだった?

相手の感想を聞く質問です。
相手が経験した出来事について
詳しく話を広げられます。
例:
I watched a romance movie.
今日恋愛映画をみたんだ。
How was it?
へえ、どうだった?

ここまで16つの相槌表現をご紹介しました。

全部覚える必要はないですが
外国人は会話するとき
様々なリアクションをしていることがわかると

洋画を観ているときにも
ああこれ知ってる!と
盛り上がることができますよ!

I see. やI got it. 以外の相槌も
ぜひ習得して
楽しい英会話にしてくださいね。

まずは、英語学習をつづけることから
始めていきましょう!!

「うーん」「えっと」など
会話の間をうめる英語表現はこちら↓↓

コメント