英語の接頭語とは?単語暗記スピードがあがる頻出接頭語6選

英単語

英語は語源を知れば暗記スピードがある
接頭辞と接尾辞がわかると推測しやすい
っていわれるけど何それ?
そんなお悩みを解消していきます。

※英単語の覚え方を知りたい方はこちら↓↓

接頭語とは?

接頭辞とは、
各単語の一番頭(最初)につけるパーツのことです。

「接頭辞+単語」
このようなかたちになります。

接頭辞は20種類以上あり
それぞれ別の意味をもっています。
1つの接頭辞は複数の単語にくっつきます。

日常会話頻出接頭辞6選

日常英会話でよくみかける接頭辞を
6つ厳選
しました。
この6つを見たら「こんな意味だな」と
イメージできるようになってみましょう!

re:戻す

・return:戻す
 turnしなおす、ということです。

・reply:返事する
 返事をし返すということです。

・reunion:再会する  
union(団結)しなおすということです。

・react:反応する
 act(行動)し返すということです。

・rebound:リバウンドする
 はじき返すということです。

・recycle:リサイクルする
 回し直すということです

・reform:修復する
 form(形)を戻すということです。

co:ともに

・cooperate:協力する
operate(操作)を共にする、ということ。

・company:会社
 誰かと共に行うものです。

・colleague:同僚
共にいる人のことです。

・coeducation:共学 
 男女ともに受ける教育のことです。

in/im:ではない

次にくる言葉の発音によって
inがimになることがあります。
unも否定の意味の接頭語です。

・informal:非公式の
 formalではないということです。

・impossible:不可能な
  possibleではないということ。

・impatient:イライラした
 patient(辛抱)できないこと。

・immature:幼稚な
 mature(大人)ではないということ。

・irregular:イレギュラーな
 次の単語がrから始まるときはirに変化します。

de:下に

・decrease:減る
 increaseが増える、ですね!

・depress:落胆させる
 press(押す)を下にする、です。

・decline:下がる
 下にcline(曲がる)ということです。

・describe:記述する
 下に記述する、ということです。

・depart:出発する
 下に分かれる→出発する、です。

pre:前に

・predict:予言する
 前に言う、ということです。

・prepare:準備する
 前もって準備する

・preserve:保存する 
 reserve(予約)を前もってする、です

・previous:前の
 preの意味が全面にでています。

post:後ろに

・postpone:延期する
 後ろにおく(pone)→延期の意味です

・postwar:戦後
 war(戦争)の後、ということです。

・post corona:コロナ後
 和製英語でポストコロナ、ポスト安倍、など
 後の意味で「post」を使いますよね。

接頭語を使った単語の覚え方

上記の6つの接頭語を
・re:戻す
・co:ともに
・in/im/un:ではない
・de:下に
・pre:前に
・post:後ろに

使った英単語に出会ったら
「こんな意味かな」と想像しながら
英単語帳や読解を進めてみて下さいね。

接尾辞一覧はこちら↓↓
(別記事)

コメント