「Are you」と「Do you」 の違いを簡単解説!中学英文法をマスターしよう

英文法

Are you~?とDo you~?って
どちらも「あなたは~ですか?」の質問なのに
何が違うの?
と疑問だったことありませんか?

今回は
Are you?とDo you ?の違いを
簡潔にまとめました

Are youとDo youの違い

Are you とDo youの違いは
うしろに一般動詞がこないかくるか
です。
※一般動詞=be動詞以外の動詞(play/study/goなど)

そう、文法上の違いなのです。

2つの違いを整理すると
Are you+名詞または形容詞?
・Do you +動詞?

になります。

Are you~?の文
You are~.を疑問文にしたもの
です。

英語のルールとして
動詞は2連続してはいけないので

You are want to water.のように
be動詞と一般動詞が連続することも
ありません。

You are cute. You are Japanese.のように
be動詞のうしろには
状態をあらわす単語(形容詞)や
ものの名前(名詞)がきます
よね!

なのでAre you+名詞/形容詞?になります。


Do you~?の文

You+動詞~.を疑問文にしたもの
です。

Doというのは一般動詞が入った文章を
疑問文にするときにあらわれます。

例えば、
I want to drink water.
→Do you want to drink water?
こんなかんじです。

一般動詞が入っている疑問文をつくるときに
Do がでてくる
んです。

Are youとDo youの違いは
そのあとに来る単語の品詞による、
とわかってきたでしょうか?

Are you~?を使う場面

Are youは
感情、様子、物の所在を表現するとき
よく使います。

なぜなら
be動詞には「=」と「いる、ある」の
2つの意味があるからです。

たとえば
You are happy.
You=happy.(あなたは幸せです)

I am at home.
私は家にいます。

こんな風に
主語と形容詞を結んだり、いる、を示すので
感情、様子、ものの所在を表すときに
Are you をよく使います。

Do you ~?を使う場面

Do youは
行動やいつもの習慣を表すとき
に使います。

なぜならうしろに一般動詞が
くるときにしか使わないからです。

たとえば
Do you live in Japan?
あなたは日本に住んでいるの?

Do you have coffee?
コーヒー買ったの?

こんなかんじです。

Are you/Do youを使い分けるコツ

もしあなたがこの2つの表現を使って
作文することになったらまず
その疑問文を肯定文にするとどうなるか?
考えてみて下さい。

そしてその肯定文に
一般動詞があればDo you
なければAre youを使ってみましょう。

たとえば
「もうお腹すきましたか?」を
英訳しようと思ったら

もうお腹すきました
=I am already hungry.なので
一般動詞ではなくbe動詞が現れます。

これを疑問文にすると
Are you already hungry?になります。


例題2
「ご飯が食べたいですか?」を
英訳しようと思ったら

ご飯が食べたいです
=I want to eat something,なので
一般動詞のwantがありますね。

疑問文は
Do you want to eat something?になります。

【Are you/Do youで作文するコツ】
①肯定文にもどしてみる
②be動詞と一般動詞の
 どちらが入っているかチェックする

この2つを意識して
英作文をしてみてくださいね。

疑問文は肯定文よりも
作文するのがむずかしいです。

ただ、これにチャレンジすることで
相手に質問ができるようになるので
会話がはずんできますよ!

もし外国人と話す方法を知りたい方がいたら
コチラのブログも参考にしてみて下さい↓↓

コメント